最近では、いろいろな方法でバストアップができます。シリコンパットを入れる方法から自分の脂肪を注入する方法までたくさんの種類があります。今までは、シリコンパットを入れる方法や脂肪を注入する方法が主流でしたが、特に、最近では変わりつつあります。どのような方法に変わったかといいますとプチ豊胸といわれるヒアルロン酸を注入する方法です。

若い女性は、体にメスを入れるのを嫌がります。この方法ですと体にメスを入れずに、豊胸できるので、人気があります。このヒアルロン酸を注入する方法は、たくさんのメリットがあります。まず、メスをいれませんので、体に負担がなく、翌日から仕事にいけます。

手術でシリコンパットをいれますとやはり、最初は体が拒否反応をおこしますので、はじめは筋肉痛のような痛みがありますが、ヒアルロン酸はまったく痛みがありません。また、ヒアルロン酸は体に無害であり、人体にとてもやさしいので、気軽にヒアルロン酸を注入することができます。また、20分から30分ぐらいで、豊胸できるという手軽さがあります。昔は、ヒアルロン酸の効果は6か月から1年ぐらいといわれていました。

しかし、最近では持続期間が大幅に改善され数年持つようになりました。また、生理食塩水のパットですと破けたりする危険性もありますが、この方法ですとそういう心配はなくもっとも安全な方法であります。ただ1つだけ、欠点をいいますと、大幅なバストアップができないことです。