美容整形というのがあります。プチ整形という言葉もあり、あまり抵抗なく行うことが出来るようになりました。整形というと、美容整形のイメージですが、本来の意味はちがいます。整形外科は、けが、病気などによって損なわれた体や運動能力の治療をする病院です。

骨、関節、筋肉、靭帯、脊髄、神経の病気、けがの治療、リハビリテーションを行うのが治療の内容です。形成外科は、美容整形に近いです。形成外科は体の表面の異常の治療を範囲としています。ガンの手術あとの変形の治療や先天性の異常、外傷による変形などが主な治療範囲です。

形成外科で使用される技術を美容の分野に応用したのが美容整形です。けがや病気で生じる異常に対し、行う治療を美容の目的でするため美容整形は保険がききません。美容外科は、人体の機能上による欠損、変形の矯正ではなく美意識にもとずく見た目の改善を目的とする医学です。医療目的の形成外科とはちがいます。

整形をすると一生メンテナンスをしないといけなくなるという話をきいたことがあるかもしれません。答えは、手術した内容や部位、受けた手術の質によります。半永久的な効果のある治療法は、脂肪吸引、切開によって二重まぶたを作る手術、人口乳腺を挿入する豊胸手術があります。効果が一定期間に限られるのは、ヒアルロン酸注射をつかった治療法です。

ヒアルロン酸を注入することによって、シワを目立たなくしたり、鼻を高くしたりできますが、自然に体内に吸収されてしまうので数年で元にもどります。