まぶたの美容整形手術は、美容整形手術の中でも人気の手術です。一重や奥二重の人にとっては、目元がコンプレックスになってしまっている人も多いものです。美容整形手術をすることで、コンプレックスを解消することが出来て、性格が明るくなったり、自分に自信を持つことが出来るようになります。まぶたの手術には、まぶたを切開する切開法と、糸で留めるだけの埋没法があります。

切開法では二重のラインを作りたい部分の皮膚を切開して二重のラインを形成することによって、深くてはっきりとした二重のラインを作ることができます。皮膚の切開を行うので、手術後に腫れや内出血が続くので、1週間から10日程度はダウンタイムとして安静に過ごしたほうが良いでしょう。腫れがひいてくると、完成形が分かってきますが、切開法は半永久的に仕上がりの状態が変化しないのが特徴です。埋没法は、皮膚の切開を伴わない手術です。

まぶたの数か所を糸で留めることで、二重のラインを作っていきます。糸で留めるだけなので、手術後の腫れや内出血も軽く済みます。ダウンタイムもほとんど必要なく、クリニックによってはその日のうちからメイクが可能なところもあります。お手軽にできる手術ではありますが、時間の経過によって二重のラインが薄くなってしまったり、元の状態に戻ってしまうというリスクがあります。

気になる人は修正手術を行ったり、切開法で再手術を行うこともあるので理解して受けましょう。