施術をする部位や術式をあらかじめ決め手から、美容外科でカウンセリングを受ける人も少なくありませんが、担当する医師にどの部位をどのように変えたいかなど、具体的に説明しないと人によって大差があるので、場合によってはトラブルの原因に繋がる可能性があります。美容整形のクリニックのホームページなどで掲載されているモニターのビフォーアフターの写真を参考にするなど美容外科でカウンセリングをする前に勉強することで、担当する医師から一から説明を受けることなくスムーズにカウンセリングを進めることができますが、自分では似ていると思っていたモニターが適応となる施術と全く違うことも少なくないので、実際の施術の手技や術後経過などを聞くことで、施術後にイメージしていたのとは違ってしまう事態を避けることも可能です。美容整形で自分のなりたいイメージなど言葉だけでは伝えにくい場合は、イラストで描いたり理想とする写真を持参して担当する医師に見せることでより具体的に自分のなりたいイメージを伝えることができます。美容整形は骨の手術や目の手術などアフターケアが重要な施術であるほど、担当する医師が親身になってくれるかも重要で、言いたいことを何も言えないように高圧的に接する医師などを選んでしまうと施術後は無関心で取り合ってくれないケースもあるので、施術後も責任を持って面倒を見てくれる医師を選ぶことで事前のカウンセリングでコミュニケーションを取る事も可能です。