フェイスラインは、顔の印象を決めるだけでなく、全体のスタイルの印象を変えることが出来るパーツです。フェイスラインがぽっちゃりとしていると、顔が丸く見えるだけでなく全体的にぽっちゃりとした印象を与えてしまいます。反対にフェイスラインがすっきりとしていると、体がぽっちゃりとしていても、痩せている印象を与えることができます。フェイスラインの形成は、ダイエットだけではすっきりとしたラインにならないことがあります。

特にエラが張っていたり頬骨が出ているなどの、骨格に原因がある場合には美容整形手術が必要な場合があります。美容整形手術では、エラや頬骨が出ている場合には、骨を削りきれいなラインを形成していくことが出来ます。骨格の形成には非常に高い技術力が必要となるので、実績がある信頼できる医師を選択することが大切です。また、手術後には腫れや内出血が続くだけでなく、麻酔が切れた後には痛みが強く出ることがあります。

ダウンタイムをしっかりと取れるようなスケジュール調節と、ダウンタイム中は安静に過ごせるような工夫が必要です。骨格に問題がなく、フェイスラインに脂肪がついている場合にも、美容整形で簡単にシャープなラインの形成が行えます。脂肪溶解注射などを使用して、余分な脂肪を落としていくことが出来ますが、一度に使用できる量には限りがあるので、劇的な変化を起こすことはできません。徐々に変化を実感していけるようにしましょう。