Skip to content

ねずみ退治の対策と豆知識

ねずみには、人の住まいに生息するイエネズミと、山野に生息するノネズミに大きく分類されます。下水などに生息するドブネズミや、屋根裏やビルに生息するクマネズミ、家屋や倉庫、物置に生息するハツカネズミが、イエネズミと呼ばれています。ねずみは、配線や衣類、食品などをかじるだけでなく、鼠咬症による発疹や頭痛、関節痛、し尿による食中毒やチフス、赤痢など衛生上の害もあるため、早期に退治することが大事です。ねずみの害を減らすためには、ねずみの住みにくい環境を作ることが大切です。

それには、餌を与えない、住処を与えない、通路を塞ぐことがポイントです。また、忌避剤を使用して、ねずみがいやがるにおいや成分で退治する方法も効果的です。忌避剤にはスプレータイプ、くん煙タイプ、設置タイプがあります。スプレータイプは、ネズミに直接スプレーして追い払う方法で、あらかじめネズミの現れそうな場所にスプレーしておくと、近づかせない効果があります。

くん煙タイプは、広範囲、隙間にも効果があり、即効性があり、効果が数日間持続するというメリットがあります。ただ、使用する際には、火災感知器や電子機器、子供のおもちゃ、ペット、食品などにかからないように注意する必要があります。設置タイプは、ネズミの現れそうな場所に設置し、嫌いなにおいで近づけなくする方法で、くん煙タイプよりも効果が長持ちします。このように、家庭でもネズミ退治の方法はいくつかあります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です