Skip to content

ねずみに困ったらプロに頼まず自分で行う退治方法

ねずみはどこにでも現れる傾向があり、特に古い家屋では屋根裏などを走り回り騒音や異臭といった問題を起こします。また、気づかないうちに部屋の中に侵入して、野菜などの食料だけでなく、本や段ボールなど様々なものにかじり付くため、放っておくと甚大な被害を起こします。こういった問題が起こった場合、確実性や即効性を考慮して専門の業者に退治を依頼するのが一般的ですが、高額な費用がかかるので躊躇う人も少なくないようです。出費を気にするようであれば、プロにお願いするのはやめて、自分で何とか処理してしまうのもひとつの手でしょう。

ねずみは知能が高く警戒心が強いことから、単純な罠には簡単にかかってくれません。また、学習能力があるので、粘着などの捕獲用の罠は一度でも使用したら二度と利用できないことを理解しておきましょう。いわゆる毒餌といったものも、かじっているように見せかけて散らかしていることがほとんどなので期待しない方が良いです。ねずみの巣穴があれば、その付近に罠を設置するのが王道ですが、ずっと同じ場所に置いていても警戒されるだけなので、定期的に場所を移す、罠のタイプを変えるなどするのが退治するポイントとなります。

毒餌も毎日のように場所を変えるだけでも意味はあるので、ねずみの数が多いのであれば変化をつけることが必要です。退治しなくても被害さえ抑えることができれば良いという場合は、侵入してくる穴を塞ぐだけで十分な効果を発揮するので、床に小麦粉などを撒いて足跡を確認しながら進入口を特定すると良いでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です